酒井 覺醉(さかい かくすい)

酒井 覺醉写真師

兵庫県士族。幼名は酒井金三郎、号は酒井大斗。酒井覚酔とも表記される。二見朝隈に写真術を学び、高橋由一に洋画を学ぶ。明治初年、東京芝で「竹香堂」を開業。明治23年、東京芝御成門外に写真館を新築。朝野新聞に掲載した洋風挿画は、わが国初の新聞洋風画挿画とされる。洋画の素養を応用して、濕版法乾版(瞬間写真)、不変色写真などの技術の研究に尽力。

生年/出身: 1864 兵庫(播州)

開業年: 1868(明治初年 )

開業地、主要拠点: 東京(芝区御成門外)

師匠: 二見 朝隈(初代)

弟子: