清水 東谷(しみず とうこく)

幼名=三吉、号=玉龍。本名、清水三吉。 父は狩野派幕府御用絵師・静知齋洞章。父から絵を学んだ。 安政元年、鍛冶橋狩野派に入門して「玉龍」を名乗る。 安政 6 年、ドイツ人医師シーボルトに従い植物写生を手伝いながら、洋画と写真術を研究。 文久 2 年、シーボルトが日本を去るとき、写真機や薬品を譲り受けたといわれる。 明治 5 年、横浜弁天通り住吉町に写真館を開業。 明治 5 年、東京日本橋に移転。 明治 5 年、呉服町に移転。 その後横浜へ戻り、油絵を描いた。後に宮内省の御用写真師となっている。 明治 14 年、第 2 回内国勧業博覧会の写真部門で最高賞。油彩も受賞。 明治 40 年、死去。 弟の鈴木東谷は野毛山で写真館を開業。(のち 2 代目となる) 養子の清水条次郎は、妻の姉の子。(3 代目となる) 長男の鈴木鈴之助は横浜太田調で開業。 鈴木鈴之助の弟・鈴木攓雲は長崎・東京で開業するが、のち鈴木千里に事業を譲っている。

明治8年の東京名士番付『大家八人揃』(東花堂)に「清水東谷横山松三郎内田九一守山(森山)浄夢加藤正吉北丹羽(北庭)筑波小林玄洞」の名がある。

生年/出身: 1841 東京(江戸・浅草森下町)

開業年: 1872

開業地、主要拠点: 東京(呉服街、日本橋)、神奈川(横浜)

師匠:

弟子: 菊池 新学 菊池 常右衛門 薛 信二郎 鈴木 攓雲 鈴木 鈴之助 清水 条次郎 鈴木 東谷