玉村 康三郎(たまむら こうざぶろう)

玉村 康三郎写真師横浜

父は輪王寺宮の家臣・玉村牧太。明治元年、金丸源三に写真を学ぶ。明治 7 年、浅草で開業。明治 9 年、横浜弁天通一丁目に移転し、「写真師並写真画売込商・玉村写真館」と称していた。明治 14 年頃、日本の風景風俗や幻燈写真を着色した商品の輸出をはじめる。また、海外の万国博覧会などに出品している。江南信国は、既に有名であった玉村康三郎のスタジオの近くで開業しており、共同で作業を行った事業もある。明治 14 年、第二回内国勧業博覧会に出品。明治 23 年、第三回内国勧業博覧会に出品。明治 21 年、磐梯山噴火を撮影。明治 29 年、日本名勝、風俗写真 100 万枚の生産を開始、海外でも著名となる。明治 40 年、日本乾板会社重役。玉村騎兵衛は長男。玉村康三郎の弟に輪王寺宮の家臣・加藤家に養子となった加藤幸市がいる。加藤幸市の息子は加藤賢吉といい、東京芸大の能楽科出身という。

生年/出身: 1856 東京(江戸)

開業年: 1874

開業地、主要拠点: 神奈川(横浜)、東京(浅草)

師匠: 金丸 源三

弟子: 玉村 騎兵衛 高木 庭治郎 為政 虎三 樫山 敬吉 岩淵 ** 田村 ** 小柴 徳次 辻村 S 福田 京助