明石 博高(あかし ひろあきら)

明石氏は、明石竜映の末孫と伝わる。 外祖父は蘭方医・松本松翁。祖父・明石弥平善方も蘭学に通じていた。 父は明石弥平高善、母は浅子。 幼名・弥三郎。実名・博人。字・博高。号・静瀾、万花堂主人。 京都四条通堀川西入唐津屋町の医薬商の家に生まれた。 父の明石弥平高善が早く他界したため、外祖父・松本松翁に育てられた。 のち、三条柳ノ馬場に住んでいたと伝わる。 国文や歌学を僧・忍向、五十嵐祐胤に学び、儒学を神山四郎に学ぶ。 医学については、祖父・明石弥平善方や津藩医・柏原学介からんでいる。 文久年間、辻礼輔から写真術を学ぶ。 文久 2 年、堀真澄(初代)に写真術を教えている。 慶応元年、辻礼輔を撮影(湿板写真)。 慶応元年、師であった新宮涼閣と「京都医学研究室」を創設し、本格的に医学と化学の研究をはじめる。 慶応 2 年、「煉真舎」を創設。理科学、薬学を研究。有馬温泉や京都周辺の鉱泉の成分分析等を試みた。 明治 2 年、大阪病院を創設し薬局主管となる。医師はハラタマ、ボードインなどを海外から招へい。 また、大阪舎密局でハラタマのもとで助手も務めた。 明治 3 年、京都府が京都舎密局を創設。写真の研究を行う。 ヘールツ(オランダ人)、ワグネル(ドイツ人)の指導により理化学研究と教育が行われ、京都の伝統産 業(陶磁器、織物、染色)や、石鹸、ビール、七宝、ガラス製造などの研究が行われた。 明治 7 年、京都で日本最初の医師免許試験の実施を提言。 明治 8 年、御池木屋町でドイツ人医師らによる診療を開始。 明治 8 年、この地にあった粟田口青蓮院宮(久邇宮朝彦親王)旧邸を修築して仮病院を設立。診療と医学 教育を開始。 明治 13 年、河原町広小路に移転。(大正 13 年、京都府立大学附属病院となった。) 明治 14 年、京都舎密局は、植村知事の転任に伴い廃止。府を退いて実業界に入り、後に医業に専念。 療養所、病院、製糸場、製紙場、養蚕場、牧畜場などの創設、文化財の保存、博覧会の開催などにあたり、
多くの京都の殖産興業、文化事業に尽力した。 大型暗箱を携えて近畿地方を撮影した「撮影須知」が残っている。 明治 43 年、死去。

生年/出身: 1839 京都(四条通堀川西入唐津町)

開業年:

開業地、主要拠点: 京都

師匠: 辻 礼輔

弟子: 堀 真澄(初代)