堀 真澄(初代)(ほり ますみ)

堀真澄

幼名は堀松次郎、別名は大坂屋與兵衛、保利與平衛、月の家真澄。 商家の長男として生まれる。 天保 9 年頃、大阪の回船問屋に奉公し、後に大坂屋と号し京都丸太町で硝子製造業を始めた。 模造砂金石を硝子で製造する事を発明。文久 2 年、辻 禮輔明石博高亀谷徳次郎に写真化学を学ぶ。 文久 3 年、紙写真法(国産の鶏卵紙)を研究して紙焼きに成功。 元治元年、寺町通りで写真館・西洋伝法写真処を開設。 後藤象二郎や新島襄なども撮影に訪れた。 慶応元年(2 年とも)、祇園町(寺町通仏光寺下ル)に支店を開設。 慶応 3 年、仁和寺宮環俗を撮影の際に、「月の家真澄」の名を贈られた。 明治維新後、舎密局に勤務。 明治 5 年、息子の松之助(のち 堀真澄二代目 )に写真術を教えている。 明治 9 年、舎密局御用掛。 明治12年、京都の写真師による「同業親睦会」開催準備があり、吉田佐兵衛辻精一郎安平治角倉玄遠鎌田永弼舟田有徳酒井虎逸長谷川清之進、津田境(津田新太郎と同一人物か?)が参加している。
明治13年、1月9日、京都の写真師による第一回親睦会が円山左阿弥樓で開催され、市田左右太藤井圏蔵安平治橋垣**舟田有徳堤董子吉田佐兵衛長谷川清之進三品**酒井虎逸堀真澄津久間**角倉玄遠鎌田永弼辻精一郎小寺準之助成井頼佐(または成井秀廿)、堀内信重野田**桂氏丸が参加している。 明治 13 年、第 9 回京都府博覧会の品評方(審査員)を務めた。 明治 13 年、死去。 事業は長男(堀真澄二代目)に継承された。

生年/出身: 1826 京都(丸太町)*境町と も

開業年: 1864

開業地、主要拠点: 京都

師匠: 辻 礼輔 明石 博高 亀谷 徳次郎

弟子: 藤井 保次郎 堀 真澄(二代)