太田 豊蔵(おおた とよぞう)

島根松江藩士。北尾徳庵の門人。松江藩主9代松平斉斎が松江藩医・北尾徳庵に命じて、横浜在住の外国人から器械を購入し、撮影技術も伝習させた。さらに文久3年、藩主の命で森田禮造(のち写真師)などとともに藩の人参方に関わる仕事で長崎へ行く。元治元年、長崎で上野彦馬に写真術を学んだ。

生年/出身:

開業年:

開業地、主要拠点: 島根(松江)

師匠: 上野 彦馬 北尾 徳庵

弟子: