宮津 賢次郎(みやづ けんじろう)

父は水野龍淵。水野家は代々医師の家系であった。天保14年、生まれる。
長男は承平、二男は賢次郎、三男は春造、四男は義一。

郷里で医師として活動をする。のち郷里を離れ東京、名古屋などに行く。
同村の新美彌四郎氏の娘と結婚、養子となり新美賢次郎と名乗る。
元治元年、飯沼慾齊の門に入る。
医師として岐阜大垣、桑名などで活動。
明治元年、鳥羽伏見の戦いで徳川軍の軍医。二十人扶持を与えられている。また、盛岡藩主三戸式部に従い盛岡にも行っている。明治2年以前に大阪で写真師として活動している。明治6年、愛知新聞に名古屋の写真師としての広告が掲載されている。
のち大阪堂島で米穀仲買人となり、実業界に転じ、第六十四国立銀行頭取など歴任。

生年/出身: 1843 愛知(尾張国知多郡宮津村)

開業年:

開業地、主要拠点: 大阪、愛知(名古屋京町通2丁目南)

師匠: 久世 治作 守田 来蔵 飯沼 慾斎

弟子: