矢川 れん(やがわ れん)

矢川連写真師広崎青森台紙

台紙に「矢川禮舞」「 矢川連」という表記もある。弘前の事業家の長女。矢川ミキの姉。 明治 4 年、近所に田井晨善の写真館が開業された。 そこで姉妹ともに学ぶ。 明治 14 年、弘前で姉妹で矢川写真館を開業。薬品調合、暗室作業による現像を担当した。 姉妹写真師が経営する写真館として話題を集めた。 のち矢川ミキが分家して「M 矢川写真館」を開業したため、一人で経営をした。 昭和 20 年、死去。生涯独身だった。

生年/出身: 1862 青森(陸奥国弘前)

開業年:

開業地、主要拠点: 青森(弘前市下白銀町)

師匠: 田井 晨善

弟子: