今井 貞吉(いまい さだきち)

写真師今井貞吉土佐藩

「いまい・ていきち」と読むこともある。父は土佐藩下士・今井米次。 号は風山、風山軒。医師でもある。土佐高知藩町方下横目として仕える。 安政 6 年、藩命により長崎で貿易について調査を行う。 この際、フランス語の写真書と望遠鏡を入手。上野彦馬に写真術を教わった。 その後、薩摩で洋式工業を視察。帰国後免職となり、大阪堺で医者を業とする傍ら、古銭の標本を集めた。 早崎鉄意から写真機を購入し、撮影法を学んでいる。 慶応 3 年、堺事件(堺町内で起きた、土佐藩士によるフランス水兵殺傷事件)の際に折檻に従事。 のち大阪に岩崎弥太郎と土佐商会を発足する。 明治 5 年、土佐に戻り共立社を設立。 明治 14 年から 16 年まで、高知県議。 以後は古銭収集と研究生活に入り、10 年以上かけて「古銭大全」30 巻を完成させた。 明治 36 年、死去。開成館大坂表貨殖局差配役、会計司権少浪華商会係、共立社々長、育児院々長、今井時計店々主などの肩書もある。今井榮は息子。

生年/出身: 1831 高知(土佐国土佐郡潮江村塩屋崎)

開業年:

開業地、主要拠点: 高知

師匠: 上野 彦馬

弟子: 今井 栄