春日 定夫(かすが さだお)

春日定夫写真師台紙鶏卵紙

松代藩士の家系と思われる。明治 10 年、上京し、工部省技芸学校で学んだ。 明治 20 年、鈴木真一から写真術を学んだ。同郷の宮下守雄宮下欽の跡継ぎ)もほぼ同時期に鈴木真一の弟子になっている。日清戦争で戦地を撮影。 明治 29 年鈴木写真館の技師。のち小川一真の写真館の技師。 明治 36 年、六桜社の技師。

大正12年、七代目杉浦六右衛門の意思により設立された小西写真専門学校(杉浦甚太郎)は、結城林蔵が校長、加藤精一が理事長に就任。製版術・写真工芸を結城林蔵、写真光学を加藤精一、光化学を杉浦誠二郎、写真学通論を秋山轍輔、化学を長岡菊三郎が、採光を小野隆太郎、実習を春日定夫、印画を宮内幸太郎、修整を前川謙三檀上新吉、材料薬品を江頭春樹が担当した。
大正 15 年、小西六写真専門学校理事となる。 大正 15 年、死去。

生年/出身: 1856 長野(松代)

開業年:

開業地、主要拠点: 東京(京橋区尾張町新地)

師匠: 鈴木 真一(初代)

弟子: