岡本圭三(おかもと けいぞう)

初代・鈴木真一の娘婿。2代目鈴木真一を襲名する。本名は岡本圭三。 岡本圭三は上州勢多郡の農家の三男。 下岡蓮杖の門下であった。 明治 7 年、鈴木真一(初代)の娘(長女)のぶの婿となった。 しばらくして夫婦で名古屋本町に移り、写真館を開業。 明治 12 年、宮下欽に写真館を譲る。なお、2代目鈴木真一と妻(初代鈴木真一の娘)、宮下欽は、名古屋ハリストス正教会で洗礼されている。初代鈴木真一の援助を受けて米国サンフランシスコに渡り、最新の技術を学んだ。 明治 14 年、帰国。 鈴木真一(初代)は、東京麹町区飯田町 2-53 に支店(写真館)を開業し、運営を岡本圭三に任 せた。 岡本圭三に2代目鈴木真一の名前を継がせた後、初代鈴木真一は鈴木真と名乗った。 明治 30 年、初代が隠居し、初代の長男・鈴木伊三郎へ家督を譲る。 鈴木伊三郎も「鈴木真一」と改名することになったため、岡本圭三(2 代目鈴木真一と名乗っている)と重なることとなった。 明治 35 年頃、岡本圭三は、二代目・鈴木 真一の名を返上している。明治17年、真砂町(本町)1丁目に移り新築のモダンな洋風建築で息子の金次郎と外国人客相手の営業と国内の顧客を拡大。
女子美術学校の写真学科増設に賛同したが計画が見送られる。そのため弟子の河村勇次とともに牛込西五軒町に女子写真伝習所を設立。明治期の女性に写真術を教える唯一の教育機関であった。
明治22年、宮内省御用掛として採用され、英照皇太后、昭憲皇后の肖像写真を撮るため皇居内に写真室を立てるよう進めて認められている。

明治 39 年、 磯長海洲が セントルイス博覧会を視察した際に帰途中で日本に立ち寄り、写真師・鈴木真一(2 代目)か ら陶器写真の技法を学んでいる。 1912年死去。

なお、著名なキリスト教神父・柴山準行を通して2代目鈴木真一と妻(初代鈴木真一の娘)、 宮下欽と妻、水谷鏡が名古屋ハリストス正教会の信者となり入会している。

生年/出身: 1859 群馬(上州勢多郡下洲村)

開業年: 1801

開業地、主要拠点: 愛知(名古屋本町)、東京(真砂町)

師匠: 鈴木 真一(初代) 下岡 蓮杖

弟子: 磯長 海洲