田中 美代治(たなか みよじ)

別名は田中美代二。 父は彦根藩士・田中惣右衛門の次男で、のち彦根藩士・日下部三郎右衛門の養子となった「日下部鳴鶴」。 父の日下部鳴鶴は明治に入り、新政府の太政官に勤め、内閣大書記官となるが、のち退官し書道に専念した。 田中美代二 は明治 9 年、工部美術学校に入り、イタリア人画家フォンタネージュに洋画を学ぶ。 明治 11 年、フォンタネージュが帰国したため退学し、洋画団体十一会結成に参加。 明治 13 年、横山松三郎に写真術を学ぶ。 明治 15 年、鈴木真一に写真修整術を学ぶ。 明治 20 年、東京京橋日吉町に開業。 明治 21 年、磐梯山噴火を撮影。 明治 22 年、日本写真創立、会員となる。 明治 23 年、第三回内国勧業博覧会に出品、3 等賞受賞。 明治 28 年、死去。 田中松太郎が継いだ。

生年/出身: 1861(文久元年 )

開業年: 1887

開業地、主要拠点: 東京(京橋日吉町)

師匠: 横山 松三郎 鈴木 真一(初代)

弟子: 田中 松太郎