亀谷 徳次郎(かめたに とくじろう)

亀谷徳次郎写真師

旧姓は阿部寿八郎。妻は亀谷きよ。長崎木下町唐物町扱役亀谷家の養子となり、オランダ館に出入りし写真術を学ぶ。長崎で手代役を務め、上野彦馬から写真を学ぶ。文久2年、長崎で開業。文久2年、富重利平に写真術を教えている。文久 3 年、辻礼輔亀谷徳次郎堀与兵衛らは写真材料の研究、紙焼写真の製造に成功。 慶応元年頃(または文久年間)、京都に出てきたと思われる。娘・亀谷とよと京都に出で、知恩院境内の茶屋の傍らに仮の写場を設け、京都勤番の諸大名を撮影。慶応2年、『新稿一橋徳川家記』(徳川慶喜)に、「京都二条堀川東入町・横田栄五郎定職人「阿部寿八郎」を写真師として抱え入れた」とある。 横田栄五郎は、横田朴斎の父と思われる。後に長崎に戻り写場を開いた。明治7年、金星を撮影。明治4年、長崎榎津町の吉井禎次郎を婿養子に迎え、娘・亀谷とよと婚姻。吉井禎次郎は朝鮮で写真師となった。
朝鮮最初の写真家キム・ヨンウォンは、1876 年に日本に旅行した際、本多修之助、亀谷徳次郎から写真術を学んだという。

生年/出身: 1826 山口(長門国長府)

開業年:

開業地、主要拠点: 京都(二条堀川東入町、知恩院)

師匠: 上野 彦馬 横田 朴斎

弟子: 富重 利平 堀 真澄(初代) 若林 耕化 亀谷 とよ 吉井 禎次郎