森川 愛三(もりかわ あいぞう)

森川 愛三写真師台紙鶏卵紙

明治 30 年頃、札幌の武林写真館に入り、同館主であった三島常磐に師事して写真術を学ぶ。明治 40 年頃、上京し小川月舟の下で学んだ。 光村利藻の光村写真館の主任技師。のち東京・京橋に森川写真館を開業。お見合い写真を数多く手掛けた。東京写真師会の会長を務めている。

生年/出身: 1878 福井

開業年:

開業地、主要拠点: 東京(京橋区北紺屋町)

師匠: 三島 常盤 小川 月舟

弟子: 泉 可住