【古写真の調査後売却】内閣総理大臣・加藤高明

第24代内閣総理大臣・加藤高明肖像写真森川 愛三

◆写真師 森川愛三
明治 30 年頃、札幌の武林写真館に入り、同館主であった三島常磐に師事して写真術を学ぶ。 明治 40 年頃、上京し小川月舟の下で学んだ。 光村利藻の光村写真館の主任技師。 のち東京・京橋に森川写真館を開業。見合い写真を数多くてがけた。 東京写真師会の会長を務めている。

◆加藤 高明
(かとう たかあき、安政7年1月3日(1860年1月25日) – 大正15年(1926年)1月28日)
日本の外交官、政治家。外務大臣(第15・18・25・27代)、貴族院議員、内閣総理大臣(第24代)などを歴任。
位階勲等爵位は正二位大勲位伯爵。学位は法学士(東京大学・1881年)。幼名は総吉。尾張藩の下級藩士である服部重文・久子夫妻の次男として生まれた。父は尾張海東郡佐屋(後の愛知県海部郡佐屋町、現在は愛知県愛西市)の代官の手代だった。明治5年(1872年)、祖母・加奈子の姉あい子の嫁ぎ先である加藤家に養子に入る。 明治7年(1874年)、叔母の夫・安井譲のすすめで高明と改名。 旧制愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)・名古屋洋学校を経て、明治14年(1881年)7月に東京大学法学部を首席で卒業し、法学士の学位を授与された。 その後三菱に入社しイギリスに渡る。帰国後は、三菱本社副支配人の地位につき、明治19年(1886年)岩崎弥太郎・喜勢夫妻の長女・春路と結婚。このことから後に政敵から「三菱の大番頭」と皮肉られる。

アマゾン欲しいものリスト

写真師の情報収集やサイト運営につきましては、すべて無償で運営しています。
皆様の「amazonほしい物リスト」による支援を募っています。ご利用する皆様のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。